基本の豆腐の味噌汁の作り方

みなさまこんにちは、奥多摩の手づくり工房四季の家スタッフです。

少しづつ春の香りを感じられる季節になりましたがいかがお過ごしでしょうか。今回は基本に立ち返り、出汁から作るお豆腐のお味噌汁をご紹介したいと思います。

— 材料 —

水     800cc

昆布    10cm角

かつお節  25g

味噌    大さじ4

豆腐    1/4丁

乾燥わかめ 2g

長ネギ   少々

— 作り方 —

1. 鍋に水と昆布(布巾で表面を拭いておく)を入れ30分ほど置いておきます。

2. 火にかけて沸騰直前(フツフツと気泡が出始めます)に昆布を取り出します。

3. その鍋にかつお節をいれ、再度沸騰させたら火を止めます。

かつお節が鍋の底に沈んだら茶こしやペーパータオルなどでこしてください。

(ギューと強くかつお節を絞らないでくださいね。)

これで基本の合わせ出汁が完成しました。

4. 完成した出汁を火にかけて、さいの目の目に切った豆腐、あらかじめ水で戻しておいた乾燥わかめを入れ煮立たせます。沸騰し火が通ったら止めます。

5. ここで味噌を溶き入れます。再び火を入れぐらっとしたら小口切りにした長ネギを入れ止めます。椀によそって完成です。

おいしいお味噌汁を作るコツは、だし汁を沸騰させたら火を止め温度を下げてから味噌を溶き、再度火を入れ表面がグラッとゆれたら火を止めることです。これが「煮ばえな」といわれています。

そしてもうひとつ「みそ汁は作りたてが一番」。

美味しいお味噌汁をたくさん召し上がってくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。